食事と上手な水分補給で妊娠中の便秘を解消

食事と上手な水分補給で妊娠中の便秘を解消

妊娠中の便秘はストレスのひとつに
なったりもするので、できるだけ
早く解消したいものです。

通常の便秘と違ってその解消法も
限られているのが悩みどころですが、
やはり、まずは食生活の見直しから
というのが基本です。

便秘の場合、肉類はますます
便秘を悪化させてしまうことが多いので、
いくら肉類が好きでもほどほどにしましょう。

肉は消化に時間がかかり、
腸内での滞留時間が長いために
腸に負担がかかります。
お菓子ばかりもNGです。

そのうえで、できるだけ
食物繊維が多い食べ物、そして
飲み物で水分をしっかりとるように
心がけることが便秘改善の
ポイントになります。

食物繊維とは便秘になりにくい
便を作る上で欠かせないものです。

玄米、雑穀米、ソバ、麦、
オートミール、芋類、きのこ類、
海藻類、豆類、納豆、ゴマ、
ゴボウやレンコンなどの根菜類
バナナやリンゴやプルーンなどの
果物などに多く含まれています。

ただ、根菜類や豆類などは
妊婦さんが摂り過ぎると
ガスが発生しやすくなり、
お腹が苦しくなりやすいので、
過剰に摂りすぎないようにします。

一方、ところてんやナタデココ、
こんにゃくゼリーや寒天などの
水溶性の食物繊維は、便の水分も
増えてスムーズなお通じに
つながるのでおすすめです。

食べ方の裏技ですが、ガンコな
便秘に悩んでいる場合は最初に
寒天やこんにゃくなどの
水溶性の食物繊維を摂って
そのあとに根菜類や豆類などの
食物繊維を摂ると、意外と
あっさり便秘解消につながることも
多いので、ぜひ試してみてください。

また、ヨーグルトとオリゴ糖という
組み合わせも便秘解消の強い味方となります。

オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となり、
その腸内の善玉菌を増やしてくれるのが
乳酸菌です。

乳酸菌はヨーグルトの他にも
納豆・味噌・ぬかづけ・
キムチなどにも含まれ、
オリゴ糖はバナナやお米、
きな粉などに多く含まれています。
banana

そして、大さじ1杯のオリーブオイル
食事に取り入れるのも便秘改善に良いです。
オリーブオイルに含まれるオレイン酸が
便秘解消に効果があります。

オレイン酸は小腸で消化されにくい性質を
持っているので小腸に刺激を与えて
働きを活性化させますし、オレイン酸を
含むオリーブオイルが大腸の内壁を
滑らかにして便が途中で停滞しない
ようにする効果があるのです。

オリーブオイルはオレイン酸の多く
含まれるエキストラバージン
オリーブオイルを選ぶことがポイントです。

オリーブオイルはビタミンEが
豊富なので美肌にも効果がありますが、
1日大さじ1杯程度を目安として
摂りすぎには注意をしてください。

便秘解消には食べ物に気を使うだけでなく、
水分補給も大切です。1日1.5Lくらい
目安です。

妊娠中は便の水分が普通以上に
吸収されやすいために
水分不足となって便が硬く
排便されにくい状態になりがちです。

水分を摂りすぎてもむくんでしまうので
難しいところですが、朝の起床時に
水や炭酸水をコップ1杯飲む習慣なども
便秘解消につながって効果的です。

それでもなかなか便秘改善に
ならないと言う場合は
カイテキオリゴを試すといいです。
体験→妊婦さんも安心のカイテキオリゴで毎日快腸

カイテキオリゴは、
私も飲んでいますが
快適に排便できます。

妊娠中でも授乳中でも
赤ちゃんでもお年寄りでも
誰でも飲むことができる
強力なオリゴ糖が複数入っている
便秘改善のアイテムです。
公式サイト→カイテキオリゴ

関連記事: